■リハビリテーション

脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患により様々な身体の機能に障害が生じることがあります。
その障害された身体の機能の回復や、生活能力の改善を目的としてリハビリテーションを行います。

当院リハビリテーション科では・・・

  • 関節可動域や筋力、持久力などの身体能力の改善
  • 「起きる」「立つ」「歩く」など基本動作能力の獲得
  • 「トイレ動作」「着替え」「食事」などの日常生活動作能力の改善
  • 言語の障害や、認知症をはじめとする高次脳機能障害の改善
  • 杖をはじめとする歩行補助具・介護用品、装具の紹介・申請支援・調整
  • 「食べる」ための評価・練習 

などを目標に日々リハビリテーションを提供しています。

■「食べたい」を叶えるために

当院では少しでも身体機能の回復を促進し、何より「食べる喜び」をより多くの方により安全に取り戻していただきたく、嚥下造影検査(VF検査)を実施しています。 嚥下造影検査はX線透視下で食べる様子を撮影し、映像で直接「食べる」能力の評価を行える検査です。

私たちは患者さまの「もう一度食べたい」を叶えたくて、医師・看護師・放射線技師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士のチームでアプローチを続けています。

<喉頭蓋の障害による嚥下障害のある場合>


<正常>


このウィンドウを閉じる